「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

レゴをきっかけに人々の生活をより豊かにする活動を始めたキッズ!

Selan公式Note

みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。

「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、イーストン・ラシャペルさんをご紹介します!

おもちゃが社会の役に立つきっかけへ 

ラシャぺルさんは中学生の時に、レゴと釣り糸を使ってロボットハンドのプロトタイプを作り、コロラドのサイエンスフェアで3位を受賞しました。

そのサイエンスフェアで出会った女の子が、$80,000の義手をしているのを見て、より手頃な価格で手に入る選択肢はないかと考えるようになりました。

義肢をより手軽に、多くの人々に

画像1

現在、ラシャペルさんは3Dプリンターの技術を使い、安価で義肢を製作するベンチャー企業、「Unlimited Tomorrow」を経営しています。

直近では、ウクライナで負傷した人々のために義肢を提供しているそうです。

また、彼のデザインは誰でも作れるよう、無料でインターネットに公開されています。

ラシャペルさんのように、セランキッズもラシャペルさんのように、一歩踏み出してみましょう!

次回のキッズもお楽しみに!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Selan公式Note
「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/