見出し画像

あの世界的映画スタジオ、ピクサーも協賛!オンライン学習定着の先駆け「カーンアカデミー」とは?

みなさん、こんにちは!SelanのRisakoです。

前回の記事では、デジタルリテラシーとオンライン学習の可能性について、お伝えしました。

今回は、実際にどのようなオンライン学習サービスがあるのか、紹介をしていきます!

オンライン学習の先駆者・カーンアカデミー

Khan Academy(カーンアカデミー)をご存知でしょうか?

アメリカの学校や家庭学習で頻繁に活用されている、無料オンライン学習サービスです。

画像2

創設者のサルマン・カーン氏は、バングラデシュ出身の父とインド出身の母を持つ、アメリカ・ルイジアナ州生まれの教育者です。

マサチューセッツ工科大学とハーバード大学ビジネススクールを卒業したカーン氏は、To provide a free, world-class education to anyone, anywhere.(無料で、世界レベルの教育を誰にでも、どこにいても提供する)ことをビジョンに掲げ、2008年に非営利組織・カーンアカデミーを立ち上げました。

2010年にはGoogle、そしてビル&メリンダ・ゲイツ財団から出資を受け、今では世界中の子供達、教育者、そして保護者が利用しています。

画像1

サルマン・カーン氏のTED Talk:点数ではなく身に付けることを目指す教育

自分のペースで取り組み、学習を定着化

カーンアカデミーの特徴は、自分のペースで学ぶことができる点です。

各教科を動画、リーディング、クイズ、そしてまとめテストのサイクルで学習し、予習と復習もしっかりサポートできる仕組みになっています。

また、前回自分がどこまで取り組んだのか、残りの項目がどれなのか、一目で分かる工夫がされています。

画像8

幅広い教科から、力を入れたい内容をピックアップ

用意されている教科は多種多様で、プログラミングや英文法、算数・数学、哲学、芸術など、好きな内容を自由に選ぶことができます。

また、それぞれの教科もシンプルに知識をインプットするのではなく、集団学習ではなかなか深掘りできないところから、学ぶことができます。

例えば、世界史では最初にTED Talkでも有名な、ナイジェリア出身の女性作家、チママンダ・アディーチェ氏のスピーチ、'The Danger of a Single Story'
(シングルストーリーの危険性)の動画を視聴します。

画像5

チママンダ・アディーチェ氏のTED Talk:シングルストーリーの危険性

アディーチェ氏はTED Talkで、「多様な文化が織りなす歴史を理解するために、ある人間や国に対するたった一つの話を聴くだけでは、文化的な誤解を招く可能性がある」と指摘しています。

つまりカーンアカデミーでは、まず世界史を理解する心得を学び、誰の視点から歴史が語られるかを認識した上で、学習者が知識を得ることを促しています。

画像7

ピクサーも協賛!楽しく学べるヒント

体系的に学べるだけでなく、楽しくインタラクティブに学ぶ工夫もされています。

Pixar in a Boxというプログラムでは、あの世界的映画スタジオ、ピクサーが協賛し、ピクサーのスタジオアーティスト達がどのようにアニメーションを作成しているか、動画付きで学ぶことができます!

画像7

また、バーチャルカメラや色彩の科学について学びつつ、物理や算数がどのように社会で応用されているのか、演習問題に取り組みながら体感することができます。

今年は未就学のお子様向けに、英語を1からゲーム形式で学べる無料アプリ、Khan Academy for Kidsも開発し、数々の賞を受賞しています。

画像3

是非皆さんも、英語の練習、また英語で他の教科を学ぶために、カーンアカデミーを使用してみてくださいね!

次回はスタンフォード大学が高校生向けに開講する、オンラインプログラムについて紹介します!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつもありがとうございます☺
7
「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。