見出し画像

【ママインタビュー #12】インターナショナルスクールへ転校・英語学習をサポートするには?

お迎えシスターでは5月1日より、Onlineプランがスタートしました!そこでOnlineレッスンを受けて頂いたお客様に、お話を伺わせていただきました!

第十二回目は、都内インターナショナルスクールに通う10歳・女の子をお持ちのお母様に、お話をお伺いしました。お母様はグローバル事業を展開されている会社の経営者として、ご活躍されています!

それでは、早速、お話を伺っていきます!

Q. インターナショナルスクールに今年に入って転校されたとお伺いしておりますが、どのような経緯で転校に至ったのでしょうか?

はい、今年の1月末に転校しました。

我が家は二人姉妹なのですが、長女は受験をして中学校に入学しました。受験準備は小学校4年生からで、塾に通い始めました。

そこで、次女にも同じ学年になった頃、塾に行き始める?と聞いてみたのですが、長女が受験で大変だった様子を見ていたからか、他の選択肢も検討したいようでした。

そこでいくつか提案した選択肢の一つが、インターナショナルスクールへの転校でした。小中高一貫で受験がなくなるため、インターの方が本人も良いとのことで、転校を決めました。

また、保育園から英語のアフタースクールに通っていたこともあり、そこでのアクティビティが楽しくて、インターも楽しいところ!というイメージが強かったようです。

Q. 実際にインターナショナルスクールに転校されて、いかがでしょうか?

学校がIB (インターナショナルバカロレア) 校のため、結構勉強のレベルも高く、クラスメイトも半分は帰国子女、他は外国籍の子供達で英語でコミュニケーションを流暢に取れる子が多い環境です。

なので、最初は苦戦していましたが、少しずつ慣れてきました。でも、そのあとすぐにコロナの影響でオンライン授業になりました。

画像4

Q. 学校のオンライン授業は、どのような形式で進められているのでしょうか?

朝9時からホームルームがあり、その後は基本自宅学習です。

算数のプリントが送られてきて、英語の課題が出て、午後は少人数の英語の補講クラスがあります。

私も休日であれば見てあげられるのですが、平日の時間だと仕事でなかなか時間が取れないことがほとんどです。先生から十分なサポートを得ることが難しいことも多く、親子で悩んでいます。

もともと6月から夏休みなので、もしかして次に学校行くのは9月、、?と不安に感じています(笑)

画像4

Q. レッスンでは学校の宿題サポートをさせて頂きましたが、どのような内容に取り組まれていますか?

宗教の違いについて比較する、ライティングの宿題が出ています。なかなか大人でも難しいテーマで、本人も少々苦戦していたようです。

私もミーティング続きで忙しいので、サポートいただき本当に助かりました!

娘の学校の先生は、年齢が比較的高い方が多く、テキパキされた外国籍の先生なのですが、お迎えシスターの先生は優しい日本人のお姉さんで、とても喜んでいました。

画像4

この度は、貴重なお話を伺わせていただき、ありがとうございました!

8月いっぱいまで、4回の【短期プラン】も受け付けています!

それでは、次回のインタビューもお楽しみに!

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!Thank you! by Selan
6
「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/

こちらでもピックアップされています

ママパパインタビュー | Parents Interview
ママパパインタビュー | Parents Interview
  • 13本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。