見出し画像

【前編】海外の4か国で合わせて10年以上!それぞれの国で得られた経験とは?

Hello! Selan広報のMisakiです!

大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨

お迎えシスターで、実際に働く先生それぞれの、バイリンガルストーリーを、引き続きご紹介していきます。

今回は、パナマ・チリ・ベルギー・メキシコに滞在経験がある、”Tohko先生”です!😆
前編では、まずは海外での経験を、お伺いします!

現在2

1)海外経験・バックグラウンド

パナマに3年半、チリに2年半、ベルギーに4年、メキシコに3年で、合計約13年、海外に住んでいました。高校からは日本に住んでいて、日本の大学に通っています。幼稚園以外は、ずっとインターナショナルスクールに通っていました。

2)滞在していた国々で印象に残っていることは?

<パナマ>
パナマの「パナマシティ」に住んでいて、”El Valle”というところに、よく旅行に行っていました。そこには野生の動物がたくさんいて、歩いていたらナマケモノや野生のワニがいたり、宿にはイグアナもいたりして、とても楽しかったのを覚えています!
また、サンブラス諸島に行った時は、水・電気・食べ物がとても貴重であり、タイムトリップをしたような気分でした。そこでの食べ物は本当に美味しく、海を眺めながらゆったりできて、とても素敵な場所でした!

パナマ

<チリ>
チリに住んでいたのは短いですが、首都である「サンティアゴ」に住んでいました。週末には、ショッピングモールで友達とアイススケートをよくしていて、毎週のように行っていた時もありました!また、週末には海岸の近くへ行き、ウニをたくさん食べたりしていました!

チリ

<ベルギー>
ベルギーの「クリスマスマーケット」が、一番印象的です。クリスマスマーケットで、シャンピニョンを食べたのを覚えていて、親はホットワインを可愛いマグカップ付きで飲んでいました。今でも、そのマグカップを使うと、ベルギーのクリスマスマーケットを思い出します。ベルギーでは、車で周りの国へすぐに行きやすいので、ヨーロッパのクリスマスマーケット巡りなどをしていました。

ベルギー3

<メキシコ>
メキシコは少し危なかったため、ドライバーさんがついていました。ドライバーさんは現地のメキシコ人の方であり、あまりスペイン語を話せない母と私にとても優しく、フレンドリーに接してくれました。また、お家にお招きいただき、彼のchile rellenoをいただいたのですが、涙が出るほどの辛さであったことを、よく覚えています!!😂

メキシコ4

3)現地で取り組んでいたこと

チリでは、”Make a Wish”という団体に入っていました。難病と闘っているこどもたちを援助するボランティア団体です。ベイクセールなどでお金を集め、こどもたちにお誕生日会などを開催する、お手伝いをしていました。
また、メキシコの学校では、課外活動がたくさんあり、バスケットボール・バレーボール・サッカー・バドミントンなど、様々なスポーツをしていました!

--------------------------------------------------

次回の後編では、英語をどのように習得したか、英語力の維持方法、海外生活で苦労したこと・乗り越えたこと、価値観の変化、などについてご紹介します!

お楽しみに!⭐️


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます! by Selan
2
「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/

こちらでもピックアップされています

先生インタビュー ❘ Teachers Interview
先生インタビュー ❘ Teachers Interview
  • 12本

お迎えシスターで働くバイリンガルの先生にインタビュー!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。