見出し画像

環境問題を解決するために、10歳で起業!リサイクルで世界を変えた男の子!

みなさん、こんにちは!SelanのRisakoです。

「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、10歳でリサイクルセンターを起業した、キッズ起業家・Ryan Rickmanさんをご紹介します!

画像2

3歳の時に訪ねたリサイルセンターがきっかけ

Ryanさんは3歳の時、お父さんと近所のリサイクルセンターを訪ねました。たくさんのゴミがリサイクルされることによって、地球がより良くなることにインスピレーションを感じたそうです。

画像1

それから自ら地域のゴミを集め、リサイクルセンターに届ける活動を始めました。この活動が始まりとなり、起業につながったそうです!

10歳で起業!リサイクルセンターを開設

その後小学生になり、RyanさんはRyan's Recycling Companyを立ち上げました!彼が住んでいるカリフォルニア州・Orange County中を回り、缶やペットボトルを集めました。

そうして集めたゴミをリサイクルセンターに届けることで、持続可能な環境づくりに貢献しています。

画像3

他にもビーチの掃除プロジェクトに参加したり、オリジナルTシャツの売り上げを動物を救うために寄付をするなど、地球をより良くするために幅広く活動を続けています。

リサイクルは楽しい!世界をより良くしたい

Ryanさんの活動は様々なメディアに取り上げられ、アメリカのCNNやToday's Show、そしてTIMEのキッズ・オブ・ザ・イヤーのファイナリストにも選ばれました!

インタビューで、Ryanさんは「リサイクルをするのが大好き!とても楽しいし、動物達を助けることができるから」と答えています。

画像4

一人一人の行動が変わることで、世界を変えていくことに、ワクワクしていると話すRyanさんのこれからの活動、楽しみですね!

次回のキッズもお楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつもありがとうございます☺
「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/