見出し画像

【ママインタビュー #2】ニュージランドへ短期留学:帰国後の英会話キープ方法とは?

お迎えシスターでは5月1日より、Onlineプランがスタートしました!そこで、少し先立ってOnlineレッスンを受けて頂いたお客様に、お話を伺わせていただきました!

(第一回目はこちら!)

第二回目は、小学生と高校生の姉妹を持つお母様に、お話をお伺いしました。

お姉さんは高校1年生、妹さんは小学5年生です。

お姉さんは、ニュージーランドに留学経験もあるとのこと!

それでは、早速、お話を伺っていきます!

Q. Onlineレッスンをご利用いただき、誠にありがとうございます!楽しんでいただけましたでしょうか?

高校生のお姉ちゃんは、先生がうまくアシストしてくれて、会話ができて楽しかったそうです。英語にも最近意欲的なので、満足度がとても高かったですね。

小学生の妹は、最初英語でなんて言われているのかわからなくて、困っていた様子でした。英語がわからなきゃいけない!と思ったようですね。

画像4

動物の鳴き声クイズや、ゲームなど行うことで後半から徐々に笑顔になり、楽しく過ごせたようです。

画像1

Q. お姉さんとは主に英語でディスカッション、そして世界について学ぶWorld Studyに取り組みました。英語で積極的にコミュニケーションを取ってくれましたが、英語で話したいと思うきっかけがあったのでしょうか?

そうですね、私立の中高一貫教育の学校に通っているため、英語は中学生の頃から先取りで学んでいました。

これまで特別英語が得意だった訳ではないのですが、学習の積み重ねでテストの点数は着実に伸びていましたね。

そして突然、本人が留学に行きたいと決心し、今年の冬に二ヶ月ニュージーランドでホームステイ留学をしました。

留学を経験したことで、海外の人と話すことにも抵抗がなくなり、英語でもっとコミュニケーションをとりたい、と思うようになったみたいです。

特に性格面では積極性が増し、何事に対しても自分の考えをはっきり伝えるようになりました。

画像4

多様性を受け入れる文化のニュージーランドにて、世界には様々な人々がいて、それぞれ価値観が異なることを体感しながら生活したことで、英語の重要性はもちろん、異国の人とのコミュニケーションの楽しさや、多様性を受け入れる「おおらかさ」を理解したほか、自分の行動が世界や地球につながっているという自覚をもつようになったのだと思います。

Q. 英語でのコミュニケーション、Onlineと対面ではまた違う体験かと思いますが、今回のレッスンをお姉さんはどう感じたのでしょうか?

正直、以前通っていた対面マンツーマンの英語クラスが50分でもお腹いっぱいだったので、大丈夫かな、と本人も懸念していたようです。

ですが45分もあっという間に感じたと話していました。

45分という時間配分は、うまくプログラムもされていてちょうど良かったようです。

アウトプットの機会を定期的に設けたいと本人も話していたので、是非今後もお願いしたいです。

スクリーンショット 2020-05-02 10.55.18

この度は、貴重なお話を伺わせていただき、ありがとうございました!

お迎えシスターのOnlineレッスン詳細は、こちらをご参照ください!
ご入会申込みはこちらから

8月いっぱいまで、4回の【短期プラン】も受け付けています!

それでは、次回のインタビューもお楽しみに!

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます! by Selan
2
「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/

こちらでもピックアップされています

ママパパインタビュー | Parents Interview
ママパパインタビュー | Parents Interview
  • 13本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。