見出し画像

【後編】中南米・ヨーロッパに10年以上!海外生活で得たことは?

Hello! Selan広報のMisakiです!

大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨

今回は、前編の続きで、パナマ・チリ・ベルギー・メキシコに滞在経験ある、”Tohko先生”です!

チリ3

1)海外にいた時に印象に残っている学校の授業は?

メキシコの”Drama Class(ドラマ・クラス)”が印象に残っています。演劇のクラスで、怖い話を言い合ったり、グループを組んで5分ほどの劇を何回かするなどの内容を、実施していました。

また、メキシコの学校では、フランス語の授業が必須でした。英語、スペイン語、フランス語の授業があったため、時には言語が頭の中で混ざり、大変でしたが、フランス語の授業はとても楽しかったです。例えば、グループでフランスの食べ物を作り、授業に持ってきて、フランス語で発表するプレゼンテーションをしました。私のグループは、ガトーショコラを作ったのですが、他の生徒達が作ったお菓子などもとても美味しく、楽しく学べたのを覚えています!

2)英語と日本語をどのように習得したか?

英語は、ベルギーのインターナショナルスクールに通い始めてから、習得しました。それまでは、スペイン語圏の幼稚園などに通っていたため、その時に、初めてインターナショナルスクールで英語が話されている環境を経験しました。
初めて教室に入った時は、母の手を強く握り、泣きながら、母に行かないでと手を離さずに叫んでいたのを覚えています。しかし、その日、笑顔で「楽しかった!」と言って帰ってきたそうです!他にも、私と似たような境遇の生徒も多くおり、ベルギーでは最初の1年ほど英語の補習授業を受けていましたが、徐々に必要なくなりました。

日本語は、ベルギーにいた時は毎週土曜日に日本語の補習校に行っていました。また、夏休みの際は2ヶ月ほど、日本に帰ってくることもよくあったので、そのうちの1ヶ月間は日本の学校に通っていました。ベルギー以外の国では、補習校に行かず、家で日本語を使っていたため、自然に習得していきました。

ベルギー2

3)英語力の維持・向上のために何をしたか?

常にインターナショナルスクールに通っていたため、何か特別に実施していたことはないですが、英検はずっと受けていたので、英検の勉強はたくさんしていました。逆に、高校からは日本に帰国しているため、まわりについていけるよう、日本語力の向上のために、努力をしていました。
今では、日本語も落ち着いてきたので、英語力の維持・向上のために、英語のテレビを観たり、本を読んだりしています。一番効果的だと感じるのは、まわりの人と英語で話すことです。帰国をしてから英語を使う機会が急激に減ったため、バイリンガルである友人とは、極力英語で話すようにしています!

4)海外生活で苦労したこと・乗り越えたことは?

海外生活で苦労したことは、9回引っ越しているため、転校するたびに”First Day of School(学校の初日)”は、毎度緊張していました。私はいつも、微妙な時期に転校をしていたため、まわりはもう友達同士であったりして、不安なことがたくさんありました。しかし、インターナショナルスクールは、私みたいな人がたくさんいたため、まわりの人はいつもとてもフレンドリーで、特に困ったことはありませんでした。

1つの学校のみを入学・卒業をしたことがなかったため、友達と別れなければいけないことが多く、それはとても辛かったです。しかし、スカイプやインスタグラムなどで繋がっているので、今でも一緒に話したりしています!

メキシコ

5)海外で生活をして、何か価値観などが変わったか?

インターナショナルスクールで色々な国籍、人種、宗教、ジェンダーの人と友達になったことにより、人々の違いを理解し、受け入れ、尊重することの大切さがわかりました。視野が広がり、自分のことだけを考えず、まわりのことにも関心を持ち、それに対してはっきりと意見を持つことも海外生活によって身についたものです。そのため、今まで海外に住んでいて、日本は素晴らしい国だというイメージしかなかったところ、帰国してから、日本も完璧ではないところもあることに気づき、特に多様性が必要であると感じました。

6)なぜ、お迎えシスターに興味を持ったか?

私が海外で様々な友達をつくり、文化を知り、楽しい経験ができたのは、英語が出来るようになったからです。そのため、海外の人たちと繋がったり、文化を知るためなどに、英語が出来るようになりたいと思っている方々の手助けをしたいと思い、お迎えシスターの先生になることに、興味をもちました。

7)こどもたちに伝えたいメッセージ!

英語をただの勉強とは考えず、英語圏に限らず、他の文化や人々に触れ合えるとても重要なスキルだと考えて欲しいです。英語はこれからの人生、絶対に役に立ちます!それを忘れずに、楽しみながら頑張ってほしいです!

現在

--------------------------------------------------

いかがでしたか?☺️
パナマ・チリ・ベルギー・メキシコに行ってみたくなりますね!

また、お迎えシスターでは、先生大募集中です!!
ご興味ある方は、是非今すぐご応募ください!!👭

今後も、こどもたちの「ロールモデル」となる素敵な先生達を、紹介していきますので、お楽しみに!⭐️

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!Thank you! by Selan
3
「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/

こちらでもピックアップされています

先生インタビュー ❘ Teachers Interview
先生インタビュー ❘ Teachers Interview
  • 12本

お迎えシスターで働くバイリンガルの先生にインタビュー!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。