Twitterを通じて世界に平和を訴えた、7歳の活動家!
見出し画像

Twitterを通じて世界に平和を訴えた、7歳の活動家!

みなさん、こんにちは!SelanのRisakoです。

「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、7歳でシリアの状況についてツイートし、世界中に平和を訴えたキッズ活動家・Bana al-Abedさんをご紹介します!

画像1

内戦中のシリアから送られたメッセージ

7歳の時、Banaさんは内戦が絶えないシリア・アレッポに家族と住んでいました。紛争の様子を、Twitterを通じて世界に伝え続け、そのメッセージは世界中の注目を集めました。

内戦前まで英語教師を務めていたお母さんと一緒に、食べ物がなくて苦しい生活や、いつ攻撃されるかわからない毎日、家族の不安などをツイートし続けました。

画像2

戦争が終わり、世界が平和になりますように!

自身のTwitterアカウントを通じて、各国の大統領やリーダーに「平和をもたらしてほしい」とメッセージを届けたBanaさん。その後、家族と避難し、トルコに住むことができるようになりました。

そして2018年には、当時のBanaさんの生活を記録した本を出版しました。

画像3

自分と同じ様に、母国から避難するしかなかった世界中の子供達が、安心して生き抜くことができるよう、世界のリーダーにもっと行動を起こしてほしい、平和をもたらしてほしいと、Banaさんはインタビュー等で話しています。

画像4

Twitterから世界にメッセージを届けたBanaさんの様に、セランキッズも一歩踏み出してみましょう!

次回のキッズもお楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます! by Selan
「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/