世界を変えたキッズをご紹介!第一弾は12歳でForbes 30 Under 30に選ばれた、キッズ活動家!
見出し画像

世界を変えたキッズをご紹介!第一弾は12歳でForbes 30 Under 30に選ばれた、キッズ活動家!

みなさん、こんにちは!SelanのRisakoです。

4月から新たに、「世界を変えたキッズ」シリーズをスタートします!自ら課題解決のためにソリューションを掲げ、行動を起こしたキッズ達を紹介していきます!世界のキッズ達をロールモデルに、お迎えシスターキッズも世界に一緒に羽ばたきましょう!

第一回は、12歳でForbes 30 Under 30に選ばれた、キッズ活動家・Marley Diasさんをご紹介します。

画像3

なぜ自分と同じ見た目の登場人物が、主役じゃないの?

アメリカ在住のMarleyさんは小学5年生の時、学校の課題図書の主役が全員、白人の男の子と犬であることに疑問を持ち始めました。

画像1

「どうして自分と同じ見た目の、肌の色が黒い女の子が主役の本がないの?」という疑問を持った彼女に、Marleyさんのお母さんは「あなたはどう解決する?」と行動を促しました。

この問いをきっかけに、Marleyさんは2015年、ソーシャルメディアでキャンペーンを開始しました。

#1000BlackGirlBooksがスタート!

黒人の女の子が主役の本を1000冊集め、ジャマイカの小学校に寄付するキャンペーンプロジェクト、#1000BlackGirlBooks は瞬く間にアメリカ中に広がりました。

画像2

Marleyさんのプロジェクトをきっかけに、児童書における多様性の少なさが問題視されるようになり、多くの人が支援しました。

そして数ヶ月でなんと、約1万冊以上の本が集められ、多くの小学校や団体に寄付されました!

ミシェル・オバマとも面会!社会を変えるための本も出版

素晴らしいゴールを達成したMarleyさんは、テレビやメディアでも注目を浴び、ミシェル・オバマやオプラ・ウィンフリーとも面会しました。

2018年には15歳でForbes 30 Under 30に選出され、そしてキッズ向けに社会を変えるためのガイドブック、「Marley Dias Gets It Done」を出版しています!

画像4

気になった問題を解決するために、身近なところから行動を起こしたMarley Diasさんのように、お迎えシスターキッズも世界を変えていきましょう!

次回のキッズもお楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!Thank you! by Selan
「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/