お迎えシスター公式Note

「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/

お迎えシスター公式Note

「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/

    マガジン

    先生インタビュー ❘ Teachers Interview

    お迎えシスターで働くバイリンガルの先生にインタビュー!

    すべて見る

    【後編】英語をどのように取得したか & 帰国後の英語維持方法とは?

    Hello! Selan広報のYukiです! 大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨ 今回は、前編の続きで、アメリカに5年半滞在経験がある、”Haruka先生”です! 1) 英語をどのように習得したか 私は現地校に通っていたため、周りの友達や先生と話したり、授業をうけたり、本を読んだりしているうちに少しずつ覚えていきました。先生も友達もとても親切で、私が何か分からないことがあれば優しく教えてくれました。また、海外から来た生徒を教えるプログラムが学校にあり、韓国や中国

    スキ
    3

    【前編】日本ではなかなか経験できない課外活動や授業内容も?アメリカでの小学校生活とは?

    Hello! Selan広報のYukiです! 大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨ お迎えシスターで、実際に働く先生それぞれの、バイリンガルストーリーを、引き続きご紹介していきます。 今回は、アメリカ5年間滞在した経験がある、”Haruka先生”です!前編では、まずは海外での経験を、お伺いします! 1)海外経験・バックグラウンド  小学校1年生から中学校1年生までの合計5年半アメリカに住んでいました。ユタ州ソルトレイクシティに2年半、アイオワ州アイオワシティに3

    スキ
    5

    【後編】 帰国後感じたこと、そして将来の夢とは?

    Hello! Selan広報のYukiです! 大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨ 今回は、前編の続きで、アメリカで生まれ、中国に滞在経験がある、”Karin先生”です! 1) 英語をどのように習得したか アメリカで生まれたこともあり、第一言語が英語でした。日本に来てからも、ありがたいことに両親がインターナショナルスクールに通わせてくれたりもしたので、英語力が落ちる事もなかったです。 2) 英語力のキープ/向上のために何をしたか 第一言語なので特に何かをしていたわ

    スキ
    2

    【前編】食べ物に関する衝撃的なエピソードも!中国での生活とは?

    Hello! Selan広報のYukiです! 大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨ お迎えシスターで、実際に働く先生それぞれの、バイリンガルストーリーを、引き続きご紹介していきます。 今回は、アメリカで生まれ、中国での滞在経験がある、”Karin先生”です!前編では、まずは海外での経験を、お伺いします! 1)海外経験・バックグラウンド 引っ越しが多く、はっきり覚えていないのですが、私が生まれた当時は両親がアメリカに住んでいたため、アメリカで生まれました。そこから

    スキ
    1

    世界を変えたキッズ達 | Kid Changemakers

    すべて見る

    キャンピングで世界を変えたキッズ!

    みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、マックス・ウージーさんをご紹介します! 隣人の死をきっかけに活動を開始マックスはラグビーや外に出ることが大好きな男の子です。 マックスの家族は、癌で死期が迫っていた隣人のリックの世話をしていました。 リックは亡くなる前にマックスにテントを渡し、これからも冒険し続けてほしいと伝えました。 ある日、リックの最期を看取ったノース・デヴォン・ホスピス(North Devon Hospic

    行動力ででファッション業界に変化を与えたキッズ!

    みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、ジュリア・ブルームさんをご紹介します! 自分が読んでいる雑誌に違和感を覚える雑誌で見る女の子の写真はあなたにはどのように見えますか? ブルームさんは友人とダンスを楽しんだり、『Seventeen』などのティーン誌を読んでいる典型的な10代の女の子です。彼女は、雑誌に登場する女の子たちが、より細く、より可愛く見えるようにフォトショップで加工されていることが多いことに気付きました。また

    スキ
    2

    メガネを通してより過ごしやすい生活を提供するキッズ!

    みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、ヤッシュ・グプタさんをご紹介します! 小さな出来事をきっかけにある社会問題について知る グプタさんは5歳の時からメガネを使用していました。ある日テコンドーのレッスン中にメガネを壊してしまい、その後1週間ほど学校の教室に書いてあるものが読めず、学習内容が理解できなかったことが彼の人生に大きな影響を及ぼしました。 この出来事がきっかけで、詳しく調べてみると、年間数百万個のメガネが廃棄

    スキ
    1

    レゴをきっかけに人々の生活をより豊かにする活動を始めたキッズ!

    みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、イーストン・ラシャペルさんをご紹介します! おもちゃが社会の役に立つきっかけへ  ラシャぺルさんは中学生の時に、レゴと釣り糸を使ってロボットハンドのプロトタイプを作り、コロラドのサイエンスフェアで3位を受賞しました。 そのサイエンスフェアで出会った女の子が、$80,000の義手をしているのを見て、より手頃な価格で手に入る選択肢はないかと考えるようになりました。 義肢をより手軽に、

    スキ
    1

    世界の教育 | Education Worldwide

    すべて見る

    ボーダレスに活躍する高校生起業家を輩出!全寮制のインターナショナルスクール・UWC ISAK Japanとは?

    みなさん、こんにちは!SelanのRisakoです。 「Selanが考える、令和における重要な教育キーワード」最終回は、アントレプレナーシップ(起業家精神)です!前回の記事に続き、アントレプレナーシップ教育に取り組む、ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンについてご紹介します! チェンジメーカーを育む!日本初の全寮制国際高校ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンは2014年に、軽井沢で創設された全寮制の私立インターナショナルスクールです。世界83カ国か

    スキ
    10

    15歳にして起業家!世界中で注目されている 子供の起業家精神(アントレプレナーシップ)を取り入れた教育とは?

    みなさん、こんにちは!SelanのRisakoです。 「Selanが考える、令和における重要な教育キーワード」最終回は、アントレプレナーシップ(起業家精神)です!今回は、世界で活躍するキッズ起業家をヒントに、アントレプレナーシップの学び方を紐解いていきます。 TIMEキッズオブザイヤーに選ばれた、起業家x発明家!昨年スタートしたTIME社発・キッズオブザイヤーに、アメリカ在住のGitanjali Raoさんが選ばれました。Raoさんは15歳にして、起業家および発明家として

    スキ
    5

    大自然に囲まれたハワイ島で「サスティナビリティ」を学ぶ、寮制インターナショナルスクールとは?

    みなさん、こんにちは!SelanのRisakoです。 前回の記事では、サスティナビリティ教育を通じて考えるSDGsについて、お伝えしました。今回は、実際にどのようなサスティナビリティ教育の導入例があるのか、紹介をしていきます! 大自然が広がる学び舎 in ハワイ!今回は私自身が中高で合計7年間学んだ、ハワイ島の寮制インターナショナルスクール「Hawai'i Preparatory Academy(ハワイ・プレパラトリー・アカデミー)」について、紹介します! ハワイ島の上

    スキ
    4

    SDGsについて考えよう!人にも地球にも優しい、サスティナビリティ教育とは?

    みなさん、こんにちは!SelanのRisakoです。 「Selanが考える、令和における重要な教育キーワード」3つ目は、サスティナビリティです!今回は、サスティナビリティ教育の基盤となるSDGsや環境と教育の関係性について、紐解いていきます。 地球規模で考える、持続可能な開発目標(SDGs)皆さんはSDGsについて、ご存知でしょうか?国連が2015年に制定したSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)を指し、持続可能な未来のために、2

    スキ
    8

    バイリンガル教育 | Bilingual Education

    すべて見る

    アルク平本氏 Selan顧問就任|アルク創業から英語教育に捧げた半世紀を語る

    1960年代から半世紀に渡り、日本の英語教育界を牽引して来た英語教育出版社・アルクの創業者最高顧問である、平本氏が2020年3月より株式会社Selanの顧問に就任。英語教育について語ってもらいました。 英語教育に情熱を捧げた半世紀 Q. どうしてアルクを立ち上げようと思ったのですか? 今から半世紀以上前、1969年にアルクを創業しました。1964年のオリンピックが開催され、日本が戦後のどん底からやっと復興し、再び国際社会の仲間入りをし始めた頃ですね。 これからの国際化

    スキ
    11

    幼少期に実践していた意外な英語学習法って❓日英バイリンガル100人に聞いた!バイリンガル大調査<第4弾>by お迎えシスター

    バイリンガル教師がお迎え&自宅英語レッスンをする『お迎えシスター』を運営する株式会社Selanでは、今回実際に本サービスで活躍中のバイリンガルの先生総勢114人にバイリンガル大調査を実施いたしました! 今回はついにラスト、第4弾として 「幼少期に実践していた意外な英語学習法って❓」 というトピックでの調査結果をご紹介したいと思います! では早速、見てみましょう! 幼少期の英語への触れ方Q. 幼少期、どんな風に英語に触れていましたか? 【考察】 幼少期の英語へのアプロ

    スキ
    11

    両親の教育方針とバイリンガルの相関関係は❓|日英バイリンガル100人に聞いた!バイリンガル大調査<第3弾>by お迎えシスター

    バイリンガル教師がお迎え&自宅英語レッスンをする『お迎えシスター』を運営する株式会社Selanでは、今回実際に本サービスで活躍中のバイリンガルの先生総勢114人にバイリンガル大調査を実施いたしました! 第1.2弾に引き続き、今回は第3弾として"両親の教育方針とバイリンガルの相関関係は❓"というトピックでの調査結果をご紹介したいと思います! 実際のところ、 両親の教育方針ってどれだけ子どもの英語力や国際意識に影響しているの? 子どもをバイリンガルにしたい場合やっぱり親も

    スキ
    8

    オンラインで楽しく学ぼう!子どものためのおすすめ海外サイト10選!

    さて今回はオンライン上で楽しく学ぶことができる海外オンラインサイトをご紹介したいと思います! 海外サイトなので、言語は英語ですが見ているだけで楽しめるものを紹介するので英語が理解できなくても大丈夫です! 是非これを機に英語を少しお子様の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか★ オンライン学習サイト① Artrageous with Nate アートやSTEMを学べるYoutubeチャンネル! クリエイティビティを刺激するおうちで出来るアクティビティーやクラフトなどを

    スキ
    17

    Selanの想いと日常 | Our Passion

    すべて見る

    アルク平本氏 Selan顧問就任|アルク創業から英語教育に捧げた半世紀を語る

    1960年代から半世紀に渡り、日本の英語教育界を牽引して来た英語教育出版社・アルクの創業者最高顧問である、平本氏が2020年3月より株式会社Selanの顧問に就任。英語教育について語ってもらいました。 英語教育に情熱を捧げた半世紀 Q. どうしてアルクを立ち上げようと思ったのですか? 今から半世紀以上前、1969年にアルクを創業しました。1964年のオリンピックが開催され、日本が戦後のどん底からやっと復興し、再び国際社会の仲間入りをし始めた頃ですね。 これからの国際化

    スキ
    11

    在宅勤務と育児を乗り切る3つのTips!

    在宅勤務と育児の両立で1番難しいところはなんと言ってもお仕事モードと親モードの切り替え。 ”親”である自分と”仕事中”の自分の役割をしっかり分けるためには一定の時間それぞれ別々に集中する時間を取れることが重要なポイントになってきます。 同じおうち、同じ空間にいるとその2つの役割がどうしても混同しがちになり、子どもにとっても親が気になって話しかけてしまったりするでしょう。 そこで、物理的に空間を仕切ってみましょう! ①仕事場の領域をしっかり守るお仕事の空間と、家族と過ご

    スキ
    9

    お迎えシスターOnline予約開始!5月より正式OPEN

    2020年5月1日より、お迎えシスターが正式にOnlineプランを開設します。これに伴い、本日より予約申込みを受付開始いたします!日本中・世界中どこからでも、お迎えシスターのレッスンがお受けいただけます。 ■ お迎えシスターOnlineの特徴 お迎えシスターOnlineでは、バイリンガルの先生が、英国・ピアソン社のテキストブックを使いながら、独自のカリキュラムでお子様の継続的な成長をサポートします。  ■ オンラインでも集中できるコンテンツ満載 お迎えシスター独自のカリキ

    スキ
    26

    小中高の臨時休校に伴うお迎えシスター3月の運営体制

    新型コロナウイルス拡大リスクに伴い、先日、政府からの臨時休校要請がありました。お迎えシスターは、少しでも働くお母様・お父様のお力になりたいと思っています。 スタッフ・講師陣は、感染予防において厳重体制をとった上で、3月もレッスンは通常運営、及びサービスご提供範囲を拡張し、可能な限り皆様のお役に立てるよう邁進して参ります。 【お迎えシスター3月の運営体制】 1. ご利用形態がよりフレキシブルに、短期間のご利用も可能に お迎えシスターは、子どもたちとロールモデルとの継続的な

    スキ
    3