お迎えシスター公式Note

「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/

お迎えシスター公式Note

「学びをボーダレスに」をミッションに、子どもと世界を繋げる教育を展開するSelan(お迎えシスター/21世紀教育dot.school)の公式noteです。グローバル・英語教育について発信中です。https://omsister.com https://dotschool.org/

    マガジン

    最近の記事

    【後編】英語をどのように取得したか & 帰国後の英語維持方法とは?

    Hello! Selan広報のYukiです! 大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨ 今回は、前編の続きで、アメリカに5年半滞在経験がある、”Haruka先生”です! 1) 英語をどのように習得したか 私は現地校に通っていたため、周りの友達や先生と話したり、授業をうけたり、本を読んだりしているうちに少しずつ覚えていきました。先生も友達もとても親切で、私が何か分からないことがあれば優しく教えてくれました。また、海外から来た生徒を教えるプログラムが学校にあり、韓国や中国

      • 【前編】日本ではなかなか経験できない課外活動や授業内容も?アメリカでの小学校生活とは?

        Hello! Selan広報のYukiです! 大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨ お迎えシスターで、実際に働く先生それぞれの、バイリンガルストーリーを、引き続きご紹介していきます。 今回は、アメリカ5年間滞在した経験がある、”Haruka先生”です!前編では、まずは海外での経験を、お伺いします! 1)海外経験・バックグラウンド  小学校1年生から中学校1年生までの合計5年半アメリカに住んでいました。ユタ州ソルトレイクシティに2年半、アイオワ州アイオワシティに3

        • 【後編】 帰国後感じたこと、そして将来の夢とは?

          Hello! Selan広報のYukiです! 大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨ 今回は、前編の続きで、アメリカで生まれ、中国に滞在経験がある、”Karin先生”です! 1) 英語をどのように習得したか アメリカで生まれたこともあり、第一言語が英語でした。日本に来てからも、ありがたいことに両親がインターナショナルスクールに通わせてくれたりもしたので、英語力が落ちる事もなかったです。 2) 英語力のキープ/向上のために何をしたか 第一言語なので特に何かをしていたわ

          • 【前編】食べ物に関する衝撃的なエピソードも!中国での生活とは?

            Hello! Selan広報のYukiです! 大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨ お迎えシスターで、実際に働く先生それぞれの、バイリンガルストーリーを、引き続きご紹介していきます。 今回は、アメリカで生まれ、中国での滞在経験がある、”Karin先生”です!前編では、まずは海外での経験を、お伺いします! 1)海外経験・バックグラウンド 引っ越しが多く、はっきり覚えていないのですが、私が生まれた当時は両親がアメリカに住んでいたため、アメリカで生まれました。そこから

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 先生インタビュー ❘ Teachers Interview
            お迎えシスター公式Note
          • 世界を変えたキッズ達 | Kid Changemakers
            お迎えシスター公式Note
          • 世界の教育 | Education Worldwide
            お迎えシスター公式Note
          • バイリンガル教育 | Bilingual Education
            お迎えシスター公式Note
          • Selanの想いと日常 | Our Passion
            お迎えシスター公式Note
          • ママパパインタビュー | Parents Interview
            お迎えシスター公式Note

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            キャンピングで世界を変えたキッズ!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、マックス・ウージーさんをご紹介します! 隣人の死をきっかけに活動を開始マックスはラグビーや外に出ることが大好きな男の子です。 マックスの家族は、癌で死期が迫っていた隣人のリックの世話をしていました。 リックは亡くなる前にマックスにテントを渡し、これからも冒険し続けてほしいと伝えました。 ある日、リックの最期を看取ったノース・デヴォン・ホスピス(North Devon Hospic

            行動力ででファッション業界に変化を与えたキッズ!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、ジュリア・ブルームさんをご紹介します! 自分が読んでいる雑誌に違和感を覚える雑誌で見る女の子の写真はあなたにはどのように見えますか? ブルームさんは友人とダンスを楽しんだり、『Seventeen』などのティーン誌を読んでいる典型的な10代の女の子です。彼女は、雑誌に登場する女の子たちが、より細く、より可愛く見えるようにフォトショップで加工されていることが多いことに気付きました。また

            メガネを通してより過ごしやすい生活を提供するキッズ!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、ヤッシュ・グプタさんをご紹介します! 小さな出来事をきっかけにある社会問題について知る グプタさんは5歳の時からメガネを使用していました。ある日テコンドーのレッスン中にメガネを壊してしまい、その後1週間ほど学校の教室に書いてあるものが読めず、学習内容が理解できなかったことが彼の人生に大きな影響を及ぼしました。 この出来事がきっかけで、詳しく調べてみると、年間数百万個のメガネが廃棄

            レゴをきっかけに人々の生活をより豊かにする活動を始めたキッズ!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、イーストン・ラシャペルさんをご紹介します! おもちゃが社会の役に立つきっかけへ  ラシャぺルさんは中学生の時に、レゴと釣り糸を使ってロボットハンドのプロトタイプを作り、コロラドのサイエンスフェアで3位を受賞しました。 そのサイエンスフェアで出会った女の子が、$80,000の義手をしているのを見て、より手頃な価格で手に入る選択肢はないかと考えるようになりました。 義肢をより手軽に、

            多様性への理解といじめのない社会の実現に向けて、アメリカで活動するキッズ!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、ジェイレン・アーノルドさんをご紹介します! 自分の病気がきっかけでNPOを設立 小さい時にトゥレット症候群 (Tourette's Syndrome)、アスペルガー症候群 (Asperger's Syndrome)、強迫性障害 (Obsessive Compulsive Disorder)と診断されたジェイレンさんは、人と違うという理由で仲間からいじめられるようになりました。その結果

            1通の手紙から始まった活動 - 水質問題に立ち向かうキッズ!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、マリ・コペニーさんをご紹介します! 大統領への手紙がきっかけで注目を浴びる明日飲む水に困ったことはありますか?コペニーさんは、ミシガン州のフリントという都市出身で、この街は長らく水質問題に悩まされていました。 彼女がオバマ大統領にこの問題の深刻さについてお手紙を送ったところ、オバマ大統領がフリント市を訪れるきっかけとなったのです。この視察によってオバマ大統領はフリント市への1億ドル

            ビジネスを通して社会貢献 - ミツバチを救うキッズ!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、ミカイラ・ウルマーさんをご紹介します! 幼少時代の経験と学校の課題をきっかけに、レモネードのビジネスをスタートウルマーさんは、4歳の時2度もハチに刺されたあと、気になってハチについて調べたところ、ハチたちがどれだけ人間の生態系に影響を及ぼしているか知ったそうです。 同じ時期に、家族から子供向けのビジネスコンテストに出てみないかと勧められました。その中で、たまたまお祖母さんから送られ

            創造力 & チャレンジ精神いっぱいの起業家キッズ!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、アジア・ニューソンさんをご紹介します! 両親と助け合いながら会社を経営アジアさんは、5歳の時に父親がお家を一軒一軒回ってろうそくを売っている姿を見て、ビジネスに興味を持ったそうです。 セールストークの練習を重ね、8年後には自分で作ったろうそくを売り始めました。売り上げの一部は恵まれない子供達の洋服や食料に当てられています。 会社を経営しながら、次世代の起業家も養成彼女はろうそくを

            全ての動物たちが安心して生きられるように、フィリピンで活躍するキッズ!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、ケン・アマンテさんをご紹介します! お小遣いを使って自分のできることから始めるアマンテさんはフィリピン第3の都市ダバオに住む小学生で、小さい時から保護犬を家で飼っていた影響もあり、ずっとアニマルシェルターを作りたいと思っていました。 資金的にすぐシェルターを作るのは難しいと父親に告げられたものの、自分のお小遣いを使って野良犬に食べ物を与えていたそうです。 「Happy Anima

            サステナブルな社会を実現!日本企業でChief Future Officerを務める中学生

            みなさん、こんにちは!SelanのRisakoです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、日本企業で「最⾼未来責任者(Chief Future Officer)」を務める川﨑レナさんをご紹介します! Chief Future Officerとして、未来を作る レナさんは中学3年生で、国内のバイオテクノロジー企業・ユーグレナ社のChief Future Officerを務めています。 「会社と未来を変えるための全て」が主な業務内容となり、サステナブルな社会を実現するた

            【後編】中学生からの本格的な英語学習!そして海外生活で得た自分の価値観とは?

            Hello! Selan広報のAlexです! 大好評の「先生インタビュー」シリーズ!✨ 今回は、前編の続きで、香港・シンガポール・オーストラリアに滞在経験がある、”Hikari先生”です! 目次: 1)英語をどのように習得したか・英語力のキープ/向上のために何をしたか 2)海外で生活をして、何か価値観などが変わったか 3)なぜ、お迎えシスターに興味を持ったか 4)将来の夢/目標 1)英語をどのように習得したか・英語力のキープ/向上のために何をしたか 私は英語を本格的に

            世界を変えたキッズをご紹介!第4弾は本の多様性について訴える活動家!

            みなさん、こんにちは!SelanのYukiです。 「世界を変えたキッズ」シリーズ、今回は、本の多様性について訴えたキッズ活動家・Marley Diazさんをご紹介します! SNSを駆使した取り組みMarleyさんは、2015年11歳の時に、「白人の男の子や犬の話を読むのはうんざり」と母親に話したことをきっかけに、黒人の女の子が主人公の本を1,000冊集めて仲間に寄付するというキャンペーン「#1000blackgirlbooks」を始めました。 SNSの力を利用してより多